出遅れ組が有利 NISAの旨みはGW以降に転がっている

公開日:  更新日:

 今年1月に鳴り物入りでスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。配当金や売却益にかかる税金(約20%)がゼロとあって、個人投資家の人気は高まる一方で、口座数は500万を超えた。ブームに乗り遅れた人は、「今から始めても儲からないのでは……」とあきらめることはない。むしろ、GW以降にNISAのウマミは転がっているのだ。

 日経平均は年初に1万6000円前後あったが、ジリジリと値を下げ、4月半ばには1万4500円水準まで下落した。早くからNISAに飛びついた投資家は、含み損を抱えるハメに陥っている。

 その点、出遅れ組は有利だ。年初に比べ安値で買えるうえ、売り時も判断しやすいという。

「5月相場を予想すると、日経平均は20日ごろまで上昇し、21日以降にドカンと下げる展開です。今年の日経平均の動きを見ると分かります。上昇相場は日銀の金融政策決定会合までで、その後は下げに転じることが多かった。『イベントドリブン型』といわれる投資ファンドが暗躍しているのだと思います」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る