残業代ゼロ発案 OBも反発する武田薬品社長の国際経営

公開日:  更新日:

 6月27日に開催される「武田薬品工業」の株主総会は大荒れになりそうだ。武田の創業家一族と武田OBの株主ら112人が質問権を行使し、長谷川閑史(やすちか)社長(68)が推し進めるグローバル化に「ノー」を突きつけるとみられているからだ。

 創業230年の武田は株式上場から65年が経つが、OBが総会に質問状を出すのは初めてのこと。質問状には長谷川社長が後任に選んだフランス人のクリストフ・ウェバー氏(47)の社長就任反対など7項目が並んでいる。今月20日に発覚した高血圧治療薬「ブロプレス」の臨床研究に複数の社員が不適切な関与をしていた問題も追及されそうだ。

 OBと創業家から反乱を起こされた長谷川社長は、「黒い目のカルロス・ゴーン」みたいな経営者だ。1970年に早大政経を卒業し武田に入社。03年に非創業家出身で初めて社長に就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る