残業代ゼロ発案 OBも反発する武田薬品社長の国際経営

公開日: 更新日:

 6月27日に開催される「武田薬品工業」の株主総会は大荒れになりそうだ。武田の創業家一族と武田OBの株主ら112人が質問権を行使し、長谷川閑史(やすちか)社長(68)が推し進めるグローバル化に「ノー」を突きつけるとみられているからだ。

 創業230年の武田は株式上場から65年が経つが、OBが総会に質問状を出すのは初めてのこと。質問状には長谷川社長が後任に選んだフランス人のクリストフ・ウェバー氏(47)の社長就任反対など7項目が並んでいる。今月20日に発覚した高血圧治療薬「ブロプレス」の臨床研究に複数の社員が不適切な関与をしていた問題も追及されそうだ。

 OBと創業家から反乱を起こされた長谷川社長は、「黒い目のカルロス・ゴーン」みたいな経営者だ。1970年に早大政経を卒業し武田に入社。03年に非創業家出身で初めて社長に就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る