安倍自民の株価対策「残業代ゼロ」でヒラ社員は奴隷化する

公開日: 更新日:

 ゾンビよりもしぶとい「残業代ゼロ制度」だ。07年の第1次安倍政権で猛批判を浴び、法制化を見送ったのに、懲りずにまた導入が画策されている。22日開かれた経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で提言された。

 07年の時は高収入の社員に限っていたが、今回はヒラ社員にまで対象を広げようとしているから、より悪質だ。

 安倍首相は合同会議で「時間ではなく、成果で評価される働き方にふさわしい、新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」なんてもっともらしくぶっていたが、よく言ったもの。

「残業代ゼロしかり、法人税減税しかり。外国人投資家にウケのいい“目玉”を6月の成長戦略改定版に盛り込んで、株価アップを図りたいだけです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

 残業代ゼロ=労働時間にかかわらず賃金が一定になるのだから、人件費を抑えたい企業にとっては実にありがたい制度。裏を返せば、従業員には最悪の制度ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  10. 10

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る