ハゲタカが“相場操縦” 乱高下&円高で市場が警戒「8月危機」

公開日:  更新日:

 あまりの乱高下に東京市場は震え上がった。9日の日経平均は一時600円を超す下げ幅を記録。その後盛り返し、終値は前日比117円高の1万9855円だったが、値動きの幅は740円に達した。

「安定感を失ったジェットコースター相場です。ボラティリティー(変動率)が高過ぎて一般の投資家は手を出しづらい。海外の機関投資家が日本市場を荒らしているのです」(市場関係者)

 日本株の乱高下ぶりは他の主要市場に比べ激しい。1日の値動きの幅はNYダウが1.8%(8日)、ドイツのDAX指数は2.5%(8日)に過ぎないが、日経平均は3.7%(9日)に達している。

「日本市場は実体経済の伴わない官製相場。それだけに底が浅く、ハゲタカに狙われやすい。株価が激しく動けば、儲けのチャンスは増えます。上海のパニック相場を利用したハゲタカによる“相場操縦”ともいえるでしょう」(証券関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る