日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤字・無配当でも報酬「1億円」以上 “厚顔”経営者20人リスト

 この3月期決算で1億円を超える役員報酬をもらった経営者は、211社、411人で過去最多を更新した。有価証券報告書ベースで東京商工リサーチが最終集計したもので、昨年に比べ20社、50人増加した。

「円安を背景に電機や商社で人数が増えた」(東京商工リサーチ情報本部・坂田芳博氏)ことが背景にあるが、見過ごせないのは、業績が赤字決算(単体)や無配当の企業にも1億円プレーヤーがいることだ。別表の通り、16社、20人に上る。

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーHDは、連結決算で1997年の上場来初の赤字に転落したうえに無配当。そんなボロボロ状態にもかかわらず、小川会長兼社長は1億2400万円を受け取っている。

 ソニーの平井社長は、昨年、赤字なのに1億8400万円をもらってひんしゅくを買ったが、今年も無配なのに報酬額は3億円以上。「これでも年収ベースで半額」と言い訳していたが、株主は不満だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事