• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤字・無配当でも報酬「1億円」以上 “厚顔”経営者20人リスト

投稿日:  更新日:

 この3月期決算で1億円を超える役員報酬をもらった経営者は、211社、411人で過去最多を更新した。有価証券報告書ベースで東京商工リサーチが最終集計したもので、昨年に比べ20社、50人増加した。

「円安を背景に電機や商社で人数が増えた」(東京商工リサーチ情報本部・坂田芳博氏)ことが背景にあるが、見過ごせないのは、業績が赤字決算(単体)や無配当の企業にも1億円プレーヤーがいることだ。別表の通り、16社、20人に上る。

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーHDは、連結決算で1997年の上場来初の赤字に転落したうえに無配当。そんなボロボロ状態にもかかわらず、小川会長兼社長は1億2400万円を受け取っている。

 ソニーの平井社長は、昨年、赤字なのに1億8400万円をもらってひんしゅくを買ったが、今年も無配なのに報酬額は3億円以上。「これでも年収ベースで半額」と言い訳していたが、株主は不満だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る