田中家ピンチ 直紀氏落選で真紀子夫人との関係にスキマ風

公開日: 更新日:

 世の中が「角栄ブーム」に沸く一方、10日投開票の参院選で、義理の息子に当たる田中直紀議員(76)が、新潟選挙区から比例区へ転出し落選。角栄元首相が1947年に初当選して以降、娘・真紀子氏(72)、直紀氏と69年にわたって守り続けてきた「田中家の議席」が国政から消えた。

 これまで、二人三脚で選挙を戦ってきた直紀氏と真紀子氏の間にも“スキマ風”が吹き始めているという。

「真紀子氏は先月22日の公示日に、角栄元首相の墓を訪れ必勝を祈願したのですが、なぜか直紀氏がいなかった。2人は別々のタイミングで墓参りをしたようです。これまでの2人の行動から考えても、一緒に墓参りするのが普通。『夫婦に何かあったのか』とささやかれていました」(地元メディア関係者)

 2人の関係を象徴するような出来事は他にもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る