鹿児島に「脱原発」知事誕生 浮かれる安倍政権に“冷や水”

公開日: 更新日:

 参院選の勝利に浮かれる安倍政権に対し、早々に冷や水を浴びせる事態になりそうだ。

 10日、投開票された鹿児島県知事選で、民進や社民の支援を受けた新人の元テレビ朝日コメンテーター、三反園訓氏(58)が、4選を目指した現職の伊藤祐一郎知事(68)=自民、公明推薦=を破り、初当選した。

 知事選は「自公」対「野党連合」の参院選と同様の構図。注目の争点は、伊藤知事が2014年11月に再稼働に同意し、全国で唯一稼働している九州電力川内原発の是非だった。

「鹿児島では熊本地震以降、県民から川内原発の『停止』を求める声が強まったにもかかわらず、伊藤知事、九電はそろって『問題ナシ』と運転を継続。菅官房長官も『止める理由はない』と追認しました。失言続きの伊藤知事の評判が悪いうえに、原発問題が現職敗北に影響しました」(鹿児島県政担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る