• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

“親”を捨てて大躍進した非鉄原料商社「アルコニックス」

「捨てられて」は大ヒット(長山洋子)/(C)日刊ゲンダイ

“演歌”による銘柄選びは極めて有効である。「捨てられて」(長山洋子)ではデクセリアルズ、テラプローブを取り上げた。だれが捨てたのか。何と、デクセリアルズはソニー、テラプローブはマイクロン・テクノロジーだ。しかし、この2社は親を頼らず、立派に生きている。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事