ハウスドゥ・安藤正弘社長<2>不動産のFCビジネスをやろう

公開日: 更新日:

 古田敦也をイメージキャラクターに起用している「ハウスドゥ」は、不動産売買仲介のフランチャイズビジネスを展開している会社だ。現在、FC店舗数は全国501店舗に拡大している。東証1部上場、年商約170億円の注目企業である。

 創業社長の安藤正弘は、26歳の時、京都の実家の服飾店の隅に3坪を借りて、不動産業をスタートさせている。30歳の時には、15人の社員を抱え、年間利益を1億5000万円まで伸ばしたが、喜びを感じられなかったという。

「自分の人生を懸けて京都ナンバーワンの不動産会社にしたいと考えた時、何かちっちゃいなと。まだナンバーワンにもなっていないのに、自分の目標は大したことないなと思ってしまったんです(笑い)」

 そんな頃だ。ビジネス雑誌を読み漁っているうち、ソフトバンクの孫正義の記事に目が留まる。孫が掲げる経営理念を読み進めるうちに「この人はすごい」と直感し、孫のような熱い思いを持ってビジネスをしたいと考えた。自問自答した安藤は、自分にとっての幸せとは「自分の能力を自分のためではなく、人に喜んでもらうことをするために使うことだ」と気づいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る