• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハウスドゥ・安藤正弘社長<2>不動産のFCビジネスをやろう

 古田敦也をイメージキャラクターに起用している「ハウスドゥ」は、不動産売買仲介のフランチャイズビジネスを展開している会社だ。現在、FC店舗数は全国501店舗に拡大している。東証1部上場、年商約170億円の注目企業である。

 創業社長の安藤正弘は、26歳の時、京都の実家の服飾店の隅に3坪を借りて、不動産業をスタートさせている。30歳の時には、15人の社員を抱え、年間利益を1億5000万円まで伸ばしたが、喜びを感じられなかったという。

「自分の人生を懸けて京都ナンバーワンの不動産会社にしたいと考えた時、何かちっちゃいなと。まだナンバーワンにもなっていないのに、自分の目標は大したことないなと思ってしまったんです(笑い)」

 そんな頃だ。ビジネス雑誌を読み漁っているうち、ソフトバンクの孫正義の記事に目が留まる。孫が掲げる経営理念を読み進めるうちに「この人はすごい」と直感し、孫のような熱い思いを持ってビジネスをしたいと考えた。自問自答した安藤は、自分にとっての幸せとは「自分の能力を自分のためではなく、人に喜んでもらうことをするために使うことだ」と気づいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る