ハウスドゥ・安藤正弘社長<2>不動産のFCビジネスをやろう

公開日:

 古田敦也をイメージキャラクターに起用している「ハウスドゥ」は、不動産売買仲介のフランチャイズビジネスを展開している会社だ。現在、FC店舗数は全国501店舗に拡大している。東証1部上場、年商約170億円の注目企業である。

 創業社長の安藤正弘は、26歳の時、京都の実家の服飾店の隅に3坪を借りて、不動産業をスタートさせている。30歳の時には、15人の社員を抱え、年間利益を1億5000万円まで伸ばしたが、喜びを感じられなかったという。

「自分の人生を懸けて京都ナンバーワンの不動産会社にしたいと考えた時、何かちっちゃいなと。まだナンバーワンにもなっていないのに、自分の目標は大したことないなと思ってしまったんです(笑い)」

 そんな頃だ。ビジネス雑誌を読み漁っているうち、ソフトバンクの孫正義の記事に目が留まる。孫が掲げる経営理念を読み進めるうちに「この人はすごい」と直感し、孫のような熱い思いを持ってビジネスをしたいと考えた。自問自答した安藤は、自分にとっての幸せとは「自分の能力を自分のためではなく、人に喜んでもらうことをするために使うことだ」と気づいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る