市場原理を失わせる 日銀が大株主30社の“親方日の丸”効果

公開日: 更新日:

 日銀の存在感が株式市場で異様に高まっている。

 東証の統計によると、外国人投資家は今年1~3月に8.7兆円(先物含む)を売り越した。売買代金の約7割を占める海外勢がこれだけ「売った」のに、日経平均は年初から3月末まで2000円程度しか下落しなかった。

「外国人が大量に売却する一方、日銀が爆買いしたのです。3月だけで日銀はETF(上場投資信託)を過去最大規模となる8333億円も買っています。市場原理の働かない歪んだ市場といえます」(市場関係者)

 日銀は「買う」だけで、現状では「売り」注文を出さない。保有株は増加するばかりなのだ。

 ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジストの井出真吾氏は先週、「日銀の出口戦略に関する考察」を発表。そこには驚愕の数値が並んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  6. 6

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  7. 7

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  8. 8

    新型コロナウイルスは性行為で感染するのか?

  9. 9

    コロナ「首都封鎖」高齢者を直撃 法改正で道路遮断も可能

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る