大和証券グループ本社中田誠司社長<1>日課以外の仕事を

公開日: 更新日:

 大和証券グループ本社は、大和証券や大和ネクスト銀行などを傘下に置く持ち株会社。中田誠司は2017年4月に社長に就任した。

 社長交代会見の際、「親がサラリーマンではなかったこともあって出世には無頓着だった」と語っていたのが印象的だ。父親は建築資材関連の事業を営み、「4人きょうだいの中で男は私1人だったので、漠然と将来は家業を継ぐんだろうと思っていた」という。

 結局、中田が40歳手前の頃、家業は畳んでしまったが、若い頃は継ぐ継がないを巡って、父親と一悶着した時期もあったそうだ。

「どうせ将来は家業を継ぐかもしれないしな、という思いがあったせいか、20代の頃からあまり上司の目などは気にならなかったですね」

 早稲田高等学院から早大政経学部に進学し、就活では「仕事はきつくてもいいから給料が高い会社。それと世界の政治経済の動向に何らかの形で関わっているような仕事がいい」と考え、所属していたスキー同好会の先輩の誘いもあって、1983年に大和証券に入社した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る