大和証券グループ本社中田誠司社長<1>日課以外の仕事を

公開日:  更新日:

 大和証券グループ本社は、大和証券や大和ネクスト銀行などを傘下に置く持ち株会社。中田誠司は2017年4月に社長に就任した。

 社長交代会見の際、「親がサラリーマンではなかったこともあって出世には無頓着だった」と語っていたのが印象的だ。父親は建築資材関連の事業を営み、「4人きょうだいの中で男は私1人だったので、漠然と将来は家業を継ぐんだろうと思っていた」という。

 結局、中田が40歳手前の頃、家業は畳んでしまったが、若い頃は継ぐ継がないを巡って、父親と一悶着した時期もあったそうだ。

「どうせ将来は家業を継ぐかもしれないしな、という思いがあったせいか、20代の頃からあまり上司の目などは気にならなかったですね」

 早稲田高等学院から早大政経学部に進学し、就活では「仕事はきつくてもいいから給料が高い会社。それと世界の政治経済の動向に何らかの形で関わっているような仕事がいい」と考え、所属していたスキー同好会の先輩の誘いもあって、1983年に大和証券に入社した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る