GPファイナル男子SP 羽生結弦が今季最高点で首位発進

公開日:  更新日:

 ソチ五輪金メダリストが久々に会心の滑りを見せた。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(スペイン・バルセロナ)2日目は12日(日本時間13日)、男子ショートプログラム(SP)を行い、羽生結弦(20)が今季最高の94.08点で首位に立ち、連覇に向けて好スタートを切った。3季連続出場で初の表彰台を狙う町田樹(24)が87.82点で2位に入り、マキシム・コフトゥン(ロシア)が87.02点で3位につけた。初のGPファイナルのリンクを踏んだ無良崇人(23)は78.35点で6位と出遅れた。

 羽生は今季初戦となった11月の中国杯での負傷で、懸念された調整不足はほとんど感じさせなかった。冒頭の4回転トーループを完璧に決めて勢いに乗ると終始、安定した滑りを見せた。終盤の連続ジャンプで着氷が乱れて転倒したものの「(コンディションを)考えずに集中できたのは幸せ。久しぶりに笑顔で終えられた」と本人も納得の演技だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る