父親ネタも解禁…安藤美姫が「私生活切り売り」に作戦変更

公開日:  更新日:

「待ってました」とプライベートを明かした。

 4日、フィギュアスケーターの安藤美姫(26)が「第7回 ペアレンティングアワード」の授賞式に出席。先月26日に「インスタグラム」でフィギュアスケート男子のハビエル・フェルナンデス(23=スペイン)と交際宣言して以降、初めて公の場に登場した。

 囲み取材では「娘には母親としての愛情と父親の面を与えながら、2役をやっていかないといけない。そばにいてくれる人がいた方が絶対にいいなと思う」と笑顔。

 安藤は昨年4月に極秘出産すると、父親を明かすことなく「未婚の母」として子供を育てている。元恋人でコーチのニコライ・モロゾフ(38)、南里康晴(29)が“父親候補”に挙がる中、ハビエルとの交際宣言で父親問題が再燃。南里の父親が一部女性誌で「何も言わんで逃げとうけん、卑怯やんて、あの娘は!」と激怒していたが、当の安藤は「(父親の問題は)複雑で、いるんだけどいないみたいな……。娘の人生があるので、これからも公表するつもりはない」と苦笑しつつも「(ハビエルとは)婚約はしてないけど、将来的にうまくいってそういう結果になればいいねと話ができるお付き合いはしている。娘ともよく遊んでくれたり、娘もテレビで彼が滑っていれば分かる」とおノロケ全開。右手薬指に光る指輪をツッコまれても「自分で買いました。すいませ~ん、ロマンチックじゃなくて」と、これまでのマスコミ嫌いがウソのように終始笑顔で対応した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る