織田信成 評価うなぎ上りの秘密は“号泣”と“冷静”のギャップ

公開日: 更新日:

 すっかりバラエティータレントに定着したプロフィギュアスケーターの織田信成(27)。“号泣キャラ”でブレークすると、浅田真央(24)などの真似をする「ものまねスケーター」としても人気に。「グランプリシリーズ」第3戦の中国大会(8日)で、練習中に選手と衝突して負傷した羽生結弦(19)の真似を10日放送のバラエティー番組で披露したため「羽生選手が大変な時期に不謹慎な事を」とツイッターで事前に謝罪して話題となった。

「バラエティーのギャラは1時間番組で30万~50万円、2時間の特番だと70万~80万円ほど。年末年始の特番も引っ張りだこです」(テレビ関係者)といわれる織田。現場の評判も良く、選手時代より大忙しだ。芸能リポーターの川内天子氏は言う。

「何より顔つきが愛らしい。『ゆるキャラ』のような存在感があって万人ウケする。トークでも天然キャラをそのまま出して無理にウケようとか奇をてらったことをしないのが共演者や視聴者の好感度を高めています。本職のタレントであれば芸能界で生き残るために必死になりますが、彼の場合は解説者という“本業”があるのでガツガツせず、自然でいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る