織田信成 評価うなぎ上りの秘密は“号泣”と“冷静”のギャップ

公開日:  更新日:

 すっかりバラエティータレントに定着したプロフィギュアスケーターの織田信成(27)。“号泣キャラ”でブレークすると、浅田真央(24)などの真似をする「ものまねスケーター」としても人気に。「グランプリシリーズ」第3戦の中国大会(8日)で、練習中に選手と衝突して負傷した羽生結弦(19)の真似を10日放送のバラエティー番組で披露したため「羽生選手が大変な時期に不謹慎な事を」とツイッターで事前に謝罪して話題となった。

「バラエティーのギャラは1時間番組で30万~50万円、2時間の特番だと70万~80万円ほど。年末年始の特番も引っ張りだこです」(テレビ関係者)といわれる織田。現場の評判も良く、選手時代より大忙しだ。芸能リポーターの川内天子氏は言う。

「何より顔つきが愛らしい。『ゆるキャラ』のような存在感があって万人ウケする。トークでも天然キャラをそのまま出して無理にウケようとか奇をてらったことをしないのが共演者や視聴者の好感度を高めています。本職のタレントであれば芸能界で生き残るために必死になりますが、彼の場合は解説者という“本業”があるのでガツガツせず、自然でいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る