グラドルより凄い? 浅田舞“巨乳覚醒”で真央と人気逆転か

公開日: 更新日:

 長期休養中の浅田真央(24)の姉で元フィギュアスケーターの浅田舞(26)が、1日発売の「週刊プレイボーイ」(50号)で水着グラビアに初挑戦し、大反響を呼んでいる。

 もともと、舞の巨乳はファンの間では有名で、“推定Eカップ”ともいわれていた。実際、今回のグラビアを見ると、Tシャツやワンピースの上からも膨らみがくっきり。白いビキニ写真では豊かな横乳が、青いビキニの1枚にいたっては、下乳が隠しきれないボリュームだ。165センチの長身に加え、フィギュアスケートでも武器となった長い手足。モデル顔負けのプロポーションである。

 舞の鮮烈ビキニ姿に、ツイッターやネット掲示板には、<たまらん><グラドルよりすごい><真央はスケートで姉に勝っているけれど、胸は完敗している>といったコメントがあふれている。

 確かに、舞はフィギュアスケートで四大陸選手権6位、全日本ジュニア.選手権で3年連続2位と輝かしい実績を誇るものの、妹・真央の前にはかすみがちだった。真央は「好きなスポーツ選手ランキング」女性部門で07年から何度も1位に輝き、実力・人気を兼ね備えた国民的スターだ。フィギュアスケーターとして大きな差が生じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る