社長「刺激」強調も ハムがアリゾナキャンプ行う“本当の狙い”

公開日:  更新日:

「新たな環境の変化が刺激となってチームの強化につながり、選手個々の成長を促すと判断しました」

 日本ハムは27日、来年2月1日から中旬にかけての一軍春季キャンプを米アリゾナ州ピオリアにあるパドレスの施設で行うと発表した。冒頭のコメントは竹田球団社長によるアリゾナキャンプの狙いだ。

 日本ハムは79年から2月の約1カ月間、沖縄県名護市でキャンプを行っていたが、来春から1次キャンプは米アリゾナ、2次キャンプは名護で行うことになった。

 アリゾナキャンプ実施は、名護市に申し入れていた球場施設改善の早期実施が見込めないことも理由だという。そこで日本ハムと業務提携を結ぶパドレスにキャンプ施設の使用を打診。2月前半はメジャーのキャンプが始まる前で施設も空いていることから、使用が可能になったようだ。竹田社長は「(アリゾナでは)打撃練習やピッチングなどを同時に行えるスペースが大幅に増え、従来以上に効率的な準備ができると考えています」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る