2軍で8失点KO 斎藤佑にファン達観「キミは十分に闘った」

公開日:  更新日:

 日本ハムの斎藤佑樹(26)が24日、イースタン・リーグのロッテ戦に先発した。京都大学出身のルーキー田中英祐(23)との投げ合いが注目されるも、斎藤は10安打8失点の4回途中降板。2軍戦でも“フルボッコ状態”の斎藤に対し、ネット上では批判や同情を通り越し、達観ムードが漂い始めている。

 鎌ヶ谷で行なわれた斎藤と京大ドラ2の右腕の対決は、序盤から乱打戦となった。29日の西武ライオンズ戦で1軍デビューが決まっている田中は、最終調整のつもりが2回に4点を失って降板。斎藤も4回に集中して6失点を浴び、あえなく途中交代となった。

■「将来を本気で考えるスレが必要」の声も

 炎上が続く斎藤に対し、ツイッターやネット掲示板では、<ハンカチ王子もそろそろ結果出せへんとやばいよ><これはダメかも分からんね >と危機感を募らせる声や、<野球界の本田だな>と長い間ゴールに恵まれないものの、注目度が高いミランの10番にたとえた皮肉が出ている。<もう誰か引導を渡して><かわいそう>といった心配の声も日増しに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る