2軍で8失点KO 斎藤佑にファン達観「キミは十分に闘った」

公開日: 更新日:

 日本ハム斎藤佑樹(26)が24日、イースタン・リーグのロッテ戦に先発した。京都大学出身のルーキー田中英祐(23)との投げ合いが注目されるも、斎藤は10安打8失点の4回途中降板。2軍戦でも“フルボッコ状態”の斎藤に対し、ネット上では批判や同情を通り越し、達観ムードが漂い始めている。

 鎌ヶ谷で行なわれた斎藤と京大ドラ2の右腕の対決は、序盤から乱打戦となった。29日の西武ライオンズ戦で1軍デビューが決まっている田中は、最終調整のつもりが2回に4点を失って降板。斎藤も4回に集中して6失点を浴び、あえなく途中交代となった。

■「将来を本気で考えるスレが必要」の声も

 炎上が続く斎藤に対し、ツイッターやネット掲示板では、<ハンカチ王子もそろそろ結果出せへんとやばいよ><これはダメかも分からんね >と危機感を募らせる声や、<野球界の本田だな>と長い間ゴールに恵まれないものの、注目度が高いミランの10番にたとえた皮肉が出ている。<もう誰か引導を渡して><かわいそう>といった心配の声も日増しに。

 ついには、同情を通り越して、<もういいよ、キミは十分に闘った><まだ26歳だし、タレントでも俳優でも違った道を><ゆうちゃんの将来を本気で考えるスレが必要だな>などの声も。長年メディアの批判にさらされながら闘いを続けた斎藤をねぎらい、真剣に斎藤の今後を考えるムードに変わりつつあるのだ。

 栗山英樹(53)監督は斎藤について「ファームも競争。みんなで競争してるわけだから」 と今後も2軍調整させる考えを示している。はたして、斎藤の胸中やいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声