「さすがに可哀想に…」二軍落ち日ハム斎藤佑に今度は同情論

公開日:  更新日:

 今季初登板した2日のロッテ戦。5点リードがありながら、勝ち投手の権利目前の5回1死で途中降板を言い渡され、試合後に1軍登録を抹消された日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(26)に、ファンの同情が集まっている。

 非情ともいえる栗山英樹監督(53)の采配に納得がいかないファンも少なくなかったようで、ネット上では<さすがに可哀想になってきた><悪いヤツじゃないんだろうが、余計お気の毒やな><ここ何年かの使われ方には同情する。栗山のおもちゃその1でしかも飽きられて来てるって最悪だよな>といったコメントが増えているのだ。

<あんまり酷すぎて今では少し応援している><余裕ある奴よりこういうもがいてる奴のほうが応援し甲斐があるわ>と、斎藤佑に冷ややかだった日ハムファンも見方を変えつつある。

■「次に生かせ」の栗山監督には批難の声

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る