• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30kmコース新に200万円 “ニンジン”で記録は伸びるのか

 可能性はゼロではない。青梅マラソンの実行委員会は23日、来年2月19日に開催される第51回大会から男女30キロの優勝者に賞金50万円を授与することを発表した。対象は全参加者で、30キロでコースレコードを更新した日本人最上位選手(日本国籍を持つ陸連登録者)には、50回大会に続き200万円の賞金も出る。

 ちなみに、現在の大会記録は13年に伊藤正樹が出した1時間30分21秒、女子は04年に野口みずきが記録した1時間39分9秒だ。

 リオのマラソンは男女とも大惨敗に終わった。東京五輪に向けて若い選手の台頭が期待される。フルマラソンではないが、ニンジンぶら下げられて記録が伸びれば、それはそれで、けっこうなことだ。

 フルマラソンのニンジンはもっとデカイ。

 日本実業団陸上競技連合は昨年3月、実業団登録の有無にかかわらず、マラソンで日本記録(男子2時間6分16秒、女子2時間19分12秒)を更新すれば1億円の報奨金を出すと発表。同時に監督やチーム(実業団登録選手のみ)にも5000万円が授与されることになった。陸上界では大いに話題になった企画だが、いまだに記録更新者が出ないのは残念。

「例えば、男子で記録を更新する者が現れたら、6分台前後で走る選手が続々出てくると思うのだが……」とは、ある陸上関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る