30kmコース新に200万円 “ニンジン”で記録は伸びるのか

公開日:  更新日:

 可能性はゼロではない。青梅マラソンの実行委員会は23日、来年2月19日に開催される第51回大会から男女30キロの優勝者に賞金50万円を授与することを発表した。対象は全参加者で、30キロでコースレコードを更新した日本人最上位選手(日本国籍を持つ陸連登録者)には、50回大会に続き200万円の賞金も出る。

 ちなみに、現在の大会記録は13年に伊藤正樹が出した1時間30分21秒、女子は04年に野口みずきが記録した1時間39分9秒だ。

 リオのマラソンは男女とも大惨敗に終わった。東京五輪に向けて若い選手の台頭が期待される。フルマラソンではないが、ニンジンぶら下げられて記録が伸びれば、それはそれで、けっこうなことだ。

 フルマラソンのニンジンはもっとデカイ。

 日本実業団陸上競技連合は昨年3月、実業団登録の有無にかかわらず、マラソンで日本記録(男子2時間6分16秒、女子2時間19分12秒)を更新すれば1億円の報奨金を出すと発表。同時に監督やチーム(実業団登録選手のみ)にも5000万円が授与されることになった。陸上界では大いに話題になった企画だが、いまだに記録更新者が出ないのは残念。

「例えば、男子で記録を更新する者が現れたら、6分台前後で走る選手が続々出てくると思うのだが……」とは、ある陸上関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る