• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドタバタで快挙 競歩・荒井の銅はマラソンが“反面教師”

 消えたメダルが復活した。

 リオ五輪男子50キロ競歩で、昨年の世界選手権4位の荒井広宙(28)が3時間41分24秒のタイムで3位でゴール。ところが、4位の選手を妨害したとして競技失格となった。その後に再び事態が一変。日本の抗議が認められ銅メダルが決まったのだ。日本選手の競歩のメダルはこれが初である。

 ドタバタ劇を生んだ問題のシーンは49キロ付近。3位でメダル圏内にいた荒井は49キロ手前で、4位のエバン・ダンフィー(カナダ)に抜かれた。そのまま後退するかと思ったが、スピードを上げてダンフィーの左側から抜き返した際、荒井の右肘とダンフィーの左肘がぶつかった。ダンフィーが接触に関係ない場面で歩行バランスを崩してよろけると、荒井は一気にペースアップ。2位のジャレド・タレント(豪州)を猛追するも逃げ切られて2位と8秒差でゴールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る