• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドタバタで快挙 競歩・荒井の銅はマラソンが“反面教師”

 消えたメダルが復活した。

 リオ五輪男子50キロ競歩で、昨年の世界選手権4位の荒井広宙(28)が3時間41分24秒のタイムで3位でゴール。ところが、4位の選手を妨害したとして競技失格となった。その後に再び事態が一変。日本の抗議が認められ銅メダルが決まったのだ。日本選手の競歩のメダルはこれが初である。

 ドタバタ劇を生んだ問題のシーンは49キロ付近。3位でメダル圏内にいた荒井は49キロ手前で、4位のエバン・ダンフィー(カナダ)に抜かれた。そのまま後退するかと思ったが、スピードを上げてダンフィーの左側から抜き返した際、荒井の右肘とダンフィーの左肘がぶつかった。ダンフィーが接触に関係ない場面で歩行バランスを崩してよろけると、荒井は一気にペースアップ。2位のジャレド・タレント(豪州)を猛追するも逃げ切られて2位と8秒差でゴールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る