• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入賞も叶わず 女子マラソン惨敗で見えた“東京五輪の課題”

 見せ場なしだった。男子よりメダルの可能性があるといわれたリオ五輪の女子マラソンだが、トップから5分49秒も遅れた福士加代子(34)の14位がベスト。田中智美(28)は19位、伊藤舞(32)は46位に沈んだ。優勝はケニアのスムゴングで、タイムは2時間24分04秒。2位はバーレーンのキルワで2時間24分13秒、3位はエチオピアのディババで2時間24分30秒だった。

 3大会ぶりのメダルを狙った日本女子の戦いは、中間点を過ぎたところで早々と終わってしまった。

 スローペースで始まったレースは10キロ前には先頭集団が11人となり、早くも日本勢の3人は後れを取る。その後、福士がペースを上げて12・4キロ地点で先頭集団に追いつくと、田中も15キロ手前でトップグループの直後につけた。が、給水のタイミングで急激にペースアップする流れについていけず、田中が16キロ前から脱落。福士もベラルーシのマズロナクがペースアップして集団が縦長になった20キロすぎから徐々に遅れだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る