• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入賞も叶わず 女子マラソン惨敗で見えた“東京五輪の課題”

 見せ場なしだった。男子よりメダルの可能性があるといわれたリオ五輪の女子マラソンだが、トップから5分49秒も遅れた福士加代子(34)の14位がベスト。田中智美(28)は19位、伊藤舞(32)は46位に沈んだ。優勝はケニアのスムゴングで、タイムは2時間24分04秒。2位はバーレーンのキルワで2時間24分13秒、3位はエチオピアのディババで2時間24分30秒だった。

 3大会ぶりのメダルを狙った日本女子の戦いは、中間点を過ぎたところで早々と終わってしまった。

 スローペースで始まったレースは10キロ前には先頭集団が11人となり、早くも日本勢の3人は後れを取る。その後、福士がペースを上げて12・4キロ地点で先頭集団に追いつくと、田中も15キロ手前でトップグループの直後につけた。が、給水のタイミングで急激にペースアップする流れについていけず、田中が16キロ前から脱落。福士もベラルーシのマズロナクがペースアップして集団が縦長になった20キロすぎから徐々に遅れだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る