日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野口みずき&高橋尚子 金メダリスト2人が女子マラソン変えた

 あと10年もすれば、誰も信じない話だろう。

 リオ五輪女子マラソンの代表選考会は、13日の名古屋ウィメンズで終了。田中智美(28)、小原怜(25)のリオ切符をかけたラスト5キロのデッドヒートが話題になったが、この大会がおそらく「ラストラン」となる野口みずき(37)は、進退については即答を避けたものの、これで引退となる。

 アテネ五輪金メダルの野口は、超人的な練習量で世界の頂点に立った。アテネ前に1800メートル級の高地で2720キロを走り込んだ2度の合宿は伝説となっており、それを聞いた海外選手たちは「クレージー!」と言って皆、驚いたという。

 走り込みならシドニー五輪金メダルの高橋尚子(43)も負けてはいない。長い時で1日に80キロ、最低でも40キロは走っていた高橋は「月に1200~1300キロは普通に走っていた」と語っていた。その一方で練習量が多い分、2人は故障も多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事