• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子も惨敗…日本マラソンは世界とのレベル差また広がる

 当然の結果だ。

 リオ五輪最終日に行われた男子マラソン。3人の日本勢は、佐々木悟(30)が2時間13分57秒で16位。石川末広(36)が2時間17分08秒で36位、北島寿典(31)は2時間25分11秒の94位と惨敗。優勝はE・キプチョゲ(ケニア)で2時間8分44秒。2位はF・リレサ(エチオピア)で2時間9分54秒、3位は、1万メートルで5位入賞のG・ラップ(米国)で2時間10分05秒だった。

 女子に続き、男子もまったく見せ場がなかった。左足の状態が万全ではない北島は5キロ前に終戦。「入賞する」と語っていた石川も、24キロすぎには30人の先頭集団から遅れだし、佐々木も27キロの給水ポイントでペースが上がるとついていけなかった。

 男女とも国内の大きなレースはペースメーカーが一定のラップを刻んでくれる。勝負は最後の10キロ~5キロがお決まりだ。これは日本選手に好タイムを出させるという以外に、序盤や中盤から招待選手のアフリカ勢に独走されたらテレビ中継が成り立たなくなるという裏事情もある。日本選手の持ちタイムは「お手伝いさん」によってつくられたものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る