男子も惨敗…日本マラソンは世界とのレベル差また広がる

公開日:  更新日:

 当然の結果だ。

 リオ五輪最終日に行われた男子マラソン。3人の日本勢は、佐々木悟(30)が2時間13分57秒で16位。石川末広(36)が2時間17分08秒で36位、北島寿典(31)は2時間25分11秒の94位と惨敗。優勝はE・キプチョゲ(ケニア)で2時間8分44秒。2位はF・リレサ(エチオピア)で2時間9分54秒、3位は、1万メートルで5位入賞のG・ラップ(米国)で2時間10分05秒だった。

 女子に続き、男子もまったく見せ場がなかった。左足の状態が万全ではない北島は5キロ前に終戦。「入賞する」と語っていた石川も、24キロすぎには30人の先頭集団から遅れだし、佐々木も27キロの給水ポイントでペースが上がるとついていけなかった。

 男女とも国内の大きなレースはペースメーカーが一定のラップを刻んでくれる。勝負は最後の10キロ~5キロがお決まりだ。これは日本選手に好タイムを出させるという以外に、序盤や中盤から招待選手のアフリカ勢に独走されたらテレビ中継が成り立たなくなるという裏事情もある。日本選手の持ちタイムは「お手伝いさん」によってつくられたものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る