• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子も惨敗…日本マラソンは世界とのレベル差また広がる

 当然の結果だ。

 リオ五輪最終日に行われた男子マラソン。3人の日本勢は、佐々木悟(30)が2時間13分57秒で16位。石川末広(36)が2時間17分08秒で36位、北島寿典(31)は2時間25分11秒の94位と惨敗。優勝はE・キプチョゲ(ケニア)で2時間8分44秒。2位はF・リレサ(エチオピア)で2時間9分54秒、3位は、1万メートルで5位入賞のG・ラップ(米国)で2時間10分05秒だった。

 女子に続き、男子もまったく見せ場がなかった。左足の状態が万全ではない北島は5キロ前に終戦。「入賞する」と語っていた石川も、24キロすぎには30人の先頭集団から遅れだし、佐々木も27キロの給水ポイントでペースが上がるとついていけなかった。

 男女とも国内の大きなレースはペースメーカーが一定のラップを刻んでくれる。勝負は最後の10キロ~5キロがお決まりだ。これは日本選手に好タイムを出させるという以外に、序盤や中盤から招待選手のアフリカ勢に独走されたらテレビ中継が成り立たなくなるという裏事情もある。日本選手の持ちタイムは「お手伝いさん」によってつくられたものなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る