帝王ニクラスも苦言 全米OPコース様変わりに協会の苦悩

公開日: 更新日:

 さらに、古い名門コースは東海岸にほぼ集中しており、「全米オープン」の名にふさわしいようにアメリカ全土で開催するには、それ以外の場所に距離の長い新設コースを加える必要があったのだろう。

 ちなみに2015年の開催コースだったチェンバーズベイGC(ワシントン州)も、07年にオープンした太平洋岸北西部に位置するパブリックコースだった。

 この全米ゴルフ協会(USGA)の会場設定について、全米オープン4勝の帝王ことJ・ニクラスは、「USGAは過去の素晴らしさから距離を置きつつある。それが良いことか、悪いことかはわからないが、かつての大会とは異なってきたことは間違いない」と苦言を呈している。

 だが、USGAがエリンヒルズを会場に選んだ最大の理由は、何といってもパブリックコースであることが大きい。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る