老醜さらけ出すだけのゴルフ永久シード権はもういらない

公開日:  更新日:

【日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ 2日目】

 永久シード権を行使して出場している尾崎将司(70)が通算18オーバー122位タイ、中嶋常幸(62)は通算14オーバー115位タイ。もちろん、そろって予選落ちだった。

 24項目ある出場資格の中で永久シード権は上から6番目にリストアップされている。エントリーすれば必ず出場できるシステムだ。しかし、尾崎は過去10年間に9度出場して予選落ち5回、棄権4回。中嶋は決勝進出3回、予選落ち5回、棄権2回。ようするに権利はあっても成績はまるきりダメなのだ。

「永久シード権を廃止しようという動きは日本ゴルフツアー機構内部でも出ていないようです。ツアーを盛り上げた功労者であり、アンタッチャブルなところがある。QT下位選手よりも予選ラウンドでは集客力があり、頼りになるのです」(広告代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る