疑問噴出 サントリーLはまるで宮里藍“引退セレモニー”

公開日: 更新日:

【サントリーレディスオープン 最終日】

 藍一色に染まった異常な4日間だった。

 テレビもスポーツ紙も今季限りの引退を表明した宮里藍(31)を連日、これでもかというほど取り上げた。

 宮里は初日22位(トップと5打差)、2日目50位(同10打差)、3日目33位(同13打差)と優勝争いにはほど遠い成績だった。

 大会4日目は最終組から11組も前(1時間50分前)にスタート。多くのギャラリーを引き連れたが5バーディー、4ボギーと出入りの激しい内容でスコアを1つ伸ばしただけ。結局、通算2アンダー26位タイと今季3勝目を挙げたキム・ハヌル(28)とは13打の大差だった。

 引退会見では「モチベーションが保てない」という理由からツアーを去る決断をしたと語ったように、全盛期のプレーははなから期待できなかった――が、それでもゴルフマスコミは宮里で大騒ぎだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  10. 10

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

もっと見る