ゴルフ界が深刻懸念 “藍ちゃんロス”が女子ツアーを襲う

公開日: 更新日:

 サッカーなら三浦知良、野球ならイチローや松井秀喜に憧れてプロを目指した子供たちは多い。近年のジュニアゴルファーの憧れは宮里藍(31)だろう。熊本から宮里を追って東北高に進みプロになった有村智恵(29)を筆頭に、鈴木愛(23)、先週優勝した青木瀬令奈(24)、男子プロの松山英樹(25)や石川遼(25)もそうだった。アマチュアでツアー優勝した勝みなみ(18)、畑岡奈紗(18)も宮里のプレーを見て育った。

 今週のサントリーレディス(兵庫県神戸市=六甲国際GC)は、今季限りの引退を発表した宮里の国内最後の大会になるかもしれない。5日に行われたマンデートーナメント(主催者推薦選考会)には、宮里の「ラストステージ」で一緒にプレーしたいと願うプロ42人、アマ28人が出場。驚いたことに、本戦キップを手にした7選手のうち4人はアマチュア(1位、2位タイ、4位)だった。4位通過の日体大1年・河本結(18)は「宮里藍さんはずっと憧れていた方ですし、ああいう選手になりたいとずっと思っていたので、同じ舞台に立てることがうれしいですし、ワクワクしています」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る