ゴルフ界が深刻懸念 “藍ちゃんロス”が女子ツアーを襲う

公開日:

 サッカーなら三浦知良、野球ならイチローや松井秀喜に憧れてプロを目指した子供たちは多い。近年のジュニアゴルファーの憧れは宮里藍(31)だろう。熊本から宮里を追って東北高に進みプロになった有村智恵(29)を筆頭に、鈴木愛(23)、先週優勝した青木瀬令奈(24)、男子プロの松山英樹(25)や石川遼(25)もそうだった。アマチュアでツアー優勝した勝みなみ(18)、畑岡奈紗(18)も宮里のプレーを見て育った。

 今週のサントリーレディス(兵庫県神戸市=六甲国際GC)は、今季限りの引退を発表した宮里の国内最後の大会になるかもしれない。5日に行われたマンデートーナメント(主催者推薦選考会)には、宮里の「ラストステージ」で一緒にプレーしたいと願うプロ42人、アマ28人が出場。驚いたことに、本戦キップを手にした7選手のうち4人はアマチュア(1位、2位タイ、4位)だった。4位通過の日体大1年・河本結(18)は「宮里藍さんはずっと憧れていた方ですし、ああいう選手になりたいとずっと思っていたので、同じ舞台に立てることがうれしいですし、ワクワクしています」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る