ゴルフ界が深刻懸念 “藍ちゃんロス”が女子ツアーを襲う

公開日: 更新日:

 サッカーなら三浦知良野球ならイチロー松井秀喜に憧れてプロを目指した子供たちは多い。近年のジュニアゴルファーの憧れは宮里藍(31)だろう。熊本から宮里を追って東北高に進みプロになった有村智恵(29)を筆頭に、鈴木愛(23)、先週優勝した青木瀬令奈(24)、男子プロの松山英樹(25)や石川遼(25)もそうだった。アマチュアでツアー優勝した勝みなみ(18)、畑岡奈紗(18)も宮里のプレーを見て育った。

 今週のサントリーレディス(兵庫県神戸市=六甲国際GC)は、今季限りの引退を発表した宮里の国内最後の大会になるかもしれない。5日に行われたマンデートーナメント(主催者推薦選考会)には、宮里の「ラストステージ」で一緒にプレーしたいと願うプロ42人、アマ28人が出場。驚いたことに、本戦キップを手にした7選手のうち4人はアマチュア(1位、2位タイ、4位)だった。4位通過の日体大1年・河本結(18)は「宮里藍さんはずっと憧れていた方ですし、ああいう選手になりたいとずっと思っていたので、同じ舞台に立てることがうれしいですし、ワクワクしています」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る