全米OPまで出場1大会のみ 松山英樹の“調整法”に疑問の声

公開日:

 松山英樹が日本人最高の世界ランク3位からたった1週間で4位に転落した。22位に終わったプレーヤーズ選手権翌週のAT&Tバイロン・ネルソンを欠場し、その試合で2位のJ・デイに抜かれたのだ。

「世界ランク上位プロは1位D・ジョンソンの獲得ポイントが抜きんでていますが、2位R・マキロイから3位J・デイ、4位松山、5位H・ステンソン、6位S・ガルシアまで肉薄しており、高ポイント大会で上位に入ることですぐに順位が変わります。3位から4位への転落はたいした問題ではありません。今の松山に一番必要なのはメジャータイトルです。世界ランクトップ9でメジャー未勝利は松山だけ。世界ランクが何位であろうとメジャーに勝たないことには、海外のゴルフファンに広く認識されない」(米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏)

 メジャーに勝てば世界ランク加算ポイントは100。6月15日開幕(~18日)の全米オープンに勝てば、世界ランク2位浮上の可能性も出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る