• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米OPまで出場1大会のみ 松山英樹の“調整法”に疑問の声

 松山英樹が日本人最高の世界ランク3位からたった1週間で4位に転落した。22位に終わったプレーヤーズ選手権翌週のAT&Tバイロン・ネルソンを欠場し、その試合で2位のJ・デイに抜かれたのだ。

「世界ランク上位プロは1位D・ジョンソンの獲得ポイントが抜きんでていますが、2位R・マキロイから3位J・デイ、4位松山、5位H・ステンソン、6位S・ガルシアまで肉薄しており、高ポイント大会で上位に入ることですぐに順位が変わります。3位から4位への転落はたいした問題ではありません。今の松山に一番必要なのはメジャータイトルです。世界ランクトップ9でメジャー未勝利は松山だけ。世界ランクが何位であろうとメジャーに勝たないことには、海外のゴルフファンに広く認識されない」(米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏)

 メジャーに勝てば世界ランク加算ポイントは100。6月15日開幕(~18日)の全米オープンに勝てば、世界ランク2位浮上の可能性も出てくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る