不動のプロップ畠山健介さんが語る ラグビーW杯大会の行方

公開日: 更新日:

  ――前回は3勝しても8強入りできませんでした。

 前回、南アを下し、スコットランド戦も勝利を狙いにいきましたが、日程の都合もあって、ガス欠になってボコボコにされた。勝ちにいくのではなく、引き分け狙いだったらどうだったか。前回出場したメンバーにはボーナス点を得るトライ数(勝敗に関係なく4トライで1点)差や得失点差まで考えながら、戦ってもらいたいですね。

  ――日本代表で注目する選手はいますか?

 FWなら3大会連続になる堀江翔太です。世界を知っているし、あらゆる状況に対応できるだけに引き出しを持つ堀江は安定した働きをみせると思います。BKは福岡堅樹。絶対にトライ取ります。前回は1試合しか出場していませんが、この4年間で選手としても人間的にも、格段に成長しているのがうかがえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る