「鵺みたいな存在」神津連合会長が指摘する自民党の巧妙さ

公開日: 更新日:

 参院選が4日公示された。支援してきた民主党(民進党)が立憲民主党国民民主党の2つに分かれ、選挙においても難しい対応を余儀なくされている労働組合の連合だが、安倍政権と対峙する姿勢は変わらない。政権の問題点、必要な政策、野党への注文などを、この機会に神津里季生会長に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 ――参院選は安倍政権への審判ということになります。政権への評価を。

「1強政治の弊害、ここに極まれり」ということだと思います。数の力をかさに着て、真実が覆い隠されてきた。森友・加計問題に始まり、防衛省の日報隠蔽、官僚の公文書改ざんと、歯止めがかからない。直近の「老後資金2000万円不足」問題は象徴的です。金融庁の審議会の報告書自体おかしなものではなく、むしろしっかり議論して政策に反映させるべき要素がたくさんあるのに、都合が悪いから全部隠して、なかったことにしてしまった。いずれ、有権者は忘れるだろうと思っているのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る