あえて参院選前に公開 映画「新聞記者」なぜリスク取った

公開日: 更新日:

 参院選(7月4日公示―7月21日投開票)が迫る中、安倍政権に渦巻く数々の疑惑や官邸支配に焦点を当てた社会派サスペンス映画が28日に公開された。東京新聞社会部の望月衣塑子記者の著書を原案にした「新聞記者」だ。

 企画始動から2年弱。現在進行形の政治事件をモデルにした作品の上映は異例だ。官邸が巧妙に仕掛ける同調圧力によって社会全体が萎縮する中、なぜリスクを取ったのか。エグゼクティブプロデューサーの河村光庸氏に聞いた。

 ――参院選目前の公開です。あえて、このタイミングにブツけたのですか。

 政治の季節をもちろん意識しています。たくさんの人に見てもらいたいので、参院選を狙いました。この6年半で民主主義的な政党政治は押しやられ、官邸の独裁政治化が相当に進んでいる。自民党員でさえも無視されている状況です。にもかかわらず、安倍政治を支えている自民党員、忖度を強いられている官僚のみなさんには特に見てもらいたいですね。単館上映で小さくやると逆に潰されてしまいかねないので、全国150館規模で公開します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る