「ブラック オア ホワイト」浅田次郎著

公開日:  更新日:

「私」は、再会した大学時代の友人・都築君が住む高級マンションで、かつて商社マンとして世界中を駆け回っていた彼の話に耳を傾ける。バブルの頃、商談のため滞在したスイスのホテルで眠れなくなった彼が硬い枕を所望すると、執事が白と黒、2つの枕を持参して「ブラック オア ホワイト?」と問うた。

 白い枕を選び、最高の夢を見た彼が、翌日、黒い枕を使用すると、同じ設定なのにまったく結末が異なる夢を見る。休暇先のパラオや新規事業のため滞在した北京など、各地で見た啓示に満ちた夢に都築君は次第に現実生活を侵食されていく。

 一商社員の夢を通して近代日本を描く長編。(新潮社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る