「ブラック オア ホワイト」浅田次郎著

公開日: 更新日:

「私」は、再会した大学時代の友人・都築君が住む高級マンションで、かつて商社マンとして世界中を駆け回っていた彼の話に耳を傾ける。バブルの頃、商談のため滞在したスイスのホテルで眠れなくなった彼が硬い枕を所望すると、執事が白と黒、2つの枕を持参して「ブラック オア ホワイト?」と問うた。

 白い枕を選び、最高の夢を見た彼が、翌日、黒い枕を使用すると、同じ設定なのにまったく結末が異なる夢を見る。休暇先のパラオや新規事業のため滞在した北京など、各地で見た啓示に満ちた夢に都築君は次第に現実生活を侵食されていく。

 一商社員の夢を通して近代日本を描く長編。(新潮社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る