「ブラック オア ホワイト」浅田次郎著

公開日:  更新日:

「私」は、再会した大学時代の友人・都築君が住む高級マンションで、かつて商社マンとして世界中を駆け回っていた彼の話に耳を傾ける。バブルの頃、商談のため滞在したスイスのホテルで眠れなくなった彼が硬い枕を所望すると、執事が白と黒、2つの枕を持参して「ブラック オア ホワイト?」と問うた。

 白い枕を選び、最高の夢を見た彼が、翌日、黒い枕を使用すると、同じ設定なのにまったく結末が異なる夢を見る。休暇先のパラオや新規事業のため滞在した北京など、各地で見た啓示に満ちた夢に都築君は次第に現実生活を侵食されていく。

 一商社員の夢を通して近代日本を描く長編。(新潮社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る