「認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?」長尾和宏氏

公開日: 更新日:

 認知症治療薬の代名詞として知られ、発売から15年が過ぎたアリセプト。

 しかし、この薬の服用をやめるだけで、驚くほど症状がよくなるケースがあることをご存じだろうか。

「アリセプトは非常によい薬で、認知症治療薬としてけっして否定されるものではありません。問題は、その使用量です。アリセプトは脳内のアセチルコリンを増やす薬であり、認知機能の維持に効果を発揮する一方、人によっては歩行障害やパーキンソン症状が表れたり、暴力や暴言が起こることもあるんです」

 そのため、個々の患者の状態を見ながら、薬の量を調整することが不可欠であると長尾医師は言う。しかし、日本における認知症治療の実態はまったく違っている。

 現在、保険が適用される認知症治療薬にはアリセプトの他にレミニールやメマリー、イクセロンパッチなどがあるが、これらの薬には増量規定が定められているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る