「将棋から学んできたこと これからの道を歩く君へ」羽生善治著

公開日:  更新日:

 15歳でプロ入りしてから、常に将棋界のトップランナーとして活躍してきた天才棋士が、これまでの歩みを振り返りながら、若い人たちに向けて語るメッセージ本。

 小学校1年生のときに将棋と出合った氏は、翌年から地元の道場に通い始め、11歳でプロを目指し弟子入り。12歳で奨励会入会を果たす。

 同じころ、江戸時代の古典的詰め将棋の問題集200題に挑戦を始め、すべてを解き終わったのは7年後だったという。1問を1カ月以上も考え続けることもざらだったそうだ。そうした若き日を語りながら、常識、将棋で言えば定跡が正しいとは限らず、むしろ斬新なアイデアは非常識から生まれるなど、真剣勝負で得た人生の指針を紹介する。(朝日新聞出版 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る