「将棋から学んできたこと これからの道を歩く君へ」羽生善治著

公開日: 更新日:

 15歳でプロ入りしてから、常に将棋界のトップランナーとして活躍してきた天才棋士が、これまでの歩みを振り返りながら、若い人たちに向けて語るメッセージ本。

 小学校1年生のときに将棋と出合った氏は、翌年から地元の道場に通い始め、11歳でプロを目指し弟子入り。12歳で奨励会入会を果たす。

 同じころ、江戸時代の古典的詰め将棋の問題集200題に挑戦を始め、すべてを解き終わったのは7年後だったという。1問を1カ月以上も考え続けることもざらだったそうだ。そうした若き日を語りながら、常識、将棋で言えば定跡が正しいとは限らず、むしろ斬新なアイデアは非常識から生まれるなど、真剣勝負で得た人生の指針を紹介する。(朝日新聞出版 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る