「刑務所の読書」クラブミキータ・ブロットマン著、川添節子訳

公開日: 更新日:

 アメリカ・ボルティモアのカレッジの教授を務める著者は、ジュサップ刑務所でボランティアの読書クラブを始めた。かつては刑務所内で実施されていた大学プログラムが1994年に廃止されてしまったからだ。メンバーは殺人などの罪で服役している男の囚人たち。カフカの「変身」を取り上げたとき、デイデイは、自分たちはもう個人としての人格はない、ただの番号とユニホームだから虫と同じだと言った。ニックは、自分たちはある日、目覚めたら殺人者やレイプ犯になっていたのだから、グレーゴルに起きたことは想像できると言う。

 彼らの思いがけない視点に著者の認識も変わっていく。読書クラブの2年半をつづるノンフィクション。 (原書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る