「刑務所の読書」クラブミキータ・ブロットマン著、川添節子訳

公開日: 更新日:

 アメリカ・ボルティモアのカレッジの教授を務める著者は、ジュサップ刑務所でボランティアの読書クラブを始めた。かつては刑務所内で実施されていた大学プログラムが1994年に廃止されてしまったからだ。メンバーは殺人などの罪で服役している男の囚人たち。カフカの「変身」を取り上げたとき、デイデイは、自分たちはもう個人としての人格はない、ただの番号とユニホームだから虫と同じだと言った。ニックは、自分たちはある日、目覚めたら殺人者やレイプ犯になっていたのだから、グレーゴルに起きたことは想像できると言う。

 彼らの思いがけない視点に著者の認識も変わっていく。読書クラブの2年半をつづるノンフィクション。 (原書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る