日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ジャージー・ボーイズ」に“オヤジ版アナ雪”と評価の声

「まさにオヤジ版『アナと雪の女王』。多くの中高年世代の男性が“ああ、見てよかったな”と感じるのではないか」

 と、映画批評家の前田有一氏が“太鼓判”を押す一本がこれ。先月27日から公開中の映画「ジャージー・ボーイズ」だ。

 この秋は東宝と松竹がそれぞれ時代劇大作を手がけており、映画戦線の話題はもっぱらそちらに集中。興収ランキングは相変わらず、漫画原作の「るろうに剣心」や3Dドラえもんが好調なだけに「ジャージー――」は目立たないが、埋もれてしまうにはもったいない。そんな佳作のハリウッドムービーだという。

 もとはブロードウェーの人気舞台の映画化で、演劇界の最高峰といわれる「トニー賞」受賞作というハク付き。どんな内容かといえば、1960年代に世界を席巻したバンド「ザ・フォー・シーズンズ」の伝記ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事