「アナ雪」吹き替え好演の沙也加 “脱・聖子”でブレークの兆し

公開日: 更新日:

 興行収入が111億円を突破するなど、大きな話題を呼んでいるディズニー映画「アナと雪の女王」。03年の「ファインディング・ニモ」(110億円)を抜き去り、「最終的には150億円も視界に入っている」(映画関係者)というからスゴイ話である。

 そんな同作の日本語吹き替え版でアナ役を好演、その歌唱力、表現力が注目を浴びているのが松田聖子(52)の愛娘・神田沙也加(27)。沙也加は先日、新ユニット「TRUSTRICK(トラストリック)」を結成。6月にはデビューアルバムを発売することでも話題になっている。

「『アナと雪──』が好調な理由は字幕版を見て感動した観客が吹き替え版を見直すという現象が起きているため。沙也加は吹き替え版の劇中で歌も披露していますが、伸びやかな高音と清涼感のある歌声は絶賛の嵐。この10年というもの、親の七光と言われながらも、地道に舞台で歌と演技を磨いてきたのがようやく実った形です」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  10. 10

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る