「魂が震えます」 柴咲コウ“大河漬け”の1年に意気込み

公開日: 更新日:

「殿」というニックネームがハマる女優はそうはいない。2017年1月8日からスタートするNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影現場。周囲は主演の柴咲コウ(35)を親しみを込めてそう呼んでいるとか。

 初大河にして初主演の大役だが、気負う様子はない。座長としての意気込みを尋ねると、「私はスネ夫タイプ」と意外な答えが返ってきた。

「普段の私は〈自分についてこい!〉と大声で先導して場をまとめるより、ボスの横で〈そうだ、そうだ!〉と相づちを打っているほうが性に合っているんです。でも、今回はさすがにそれは通用しない。自然なコミュニケーションを少しずつ培っていって、最終的にチーム感や団結力が生まれたらいいなと思っています」

 17年は年女だ。仕事だけでなく女性としても、過渡期に差しかかる。

「この作品や役のことを考えると、魂が震えます。向き合う期間は3カ月でもなく6カ月でもなく、1年超えの長丁場。自分の人生を大きく変える年になるような気がしているので。努力なんて報われないと言う人もいますが、自分や物事ときちんと向き合っていれば、これからもあらゆるご縁や機会に恵まれると信じています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る