「魂が震えます」 柴咲コウ“大河漬け”の1年に意気込み

公開日: 更新日:

「殿」というニックネームがハマる女優はそうはいない。2017年1月8日からスタートするNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影現場。周囲は主演の柴咲コウ(35)を親しみを込めてそう呼んでいるとか。

 初大河にして初主演の大役だが、気負う様子はない。座長としての意気込みを尋ねると、「私はスネ夫タイプ」と意外な答えが返ってきた。

「普段の私は〈自分についてこい!〉と大声で先導して場をまとめるより、ボスの横で〈そうだ、そうだ!〉と相づちを打っているほうが性に合っているんです。でも、今回はさすがにそれは通用しない。自然なコミュニケーションを少しずつ培っていって、最終的にチーム感や団結力が生まれたらいいなと思っています」

 17年は年女だ。仕事だけでなく女性としても、過渡期に差しかかる。

「この作品や役のことを考えると、魂が震えます。向き合う期間は3カ月でもなく6カ月でもなく、1年超えの長丁場。自分の人生を大きく変える年になるような気がしているので。努力なんて報われないと言う人もいますが、自分や物事ときちんと向き合っていれば、これからもあらゆるご縁や機会に恵まれると信じています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る