NHKが後押しか 能年玲奈改め“のん”に朝ドラ復活プラン

公開日: 更新日:

「芸能事務所がタレントを奴隷のように縛るのも干すのも、賞の売買も明らかに労働法と独占禁止法違反なのに、国やメディアは沈黙し、不倫や大麻を袋叩きにしているのが、やりきれないです」と、映画評論家の町山智浩氏はツイッターでつぶやいていた。具体名を挙げたわけじゃないが、能年玲奈改め、のん(23)はそのひとりに入るのではないか。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインとして、国民的人気を得ながら、所属事務所からの独立騒動で露出が激減し、いまも芸能界から干されたような状況である。

 町山氏は「独立したタレントのテレビ出演への妨害」について「公正取引委員会や放送倫理委員会によって調査されるはずだが、もし調査されないなら、日本は本当に法治国家と呼べるのだろうか?」と同じツイッターで呼びかけているが、その通りではないか。「だからというわけじゃありませんが、のんの復帰を願う動きや声が出てきています」とベテランの芸能ライターはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る