数字回復もライブ感なし フジ27時間テレビに問われる意味

公開日:

 意外にいい数字じゃないか――という声が漏れている。

 9、10日にフジテレビ系で放送された「FNS27時間テレビ にほんのれきし」のことだ。今回は初の9月放送で歴史がテーマ。ビートたけし(70)が総合司会を務め、ほぼ収録だったのだが、27時間を通しての平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録した。

 これは歴代最低に終わった昨年の7.7%を上回っていて、ジリ貧のフジテレビの現状を考えるとなかなかの数字である。お笑い芸人が総出演しバカ騒ぎしていた昨年までの内容とは一転して、日本の歴史を地味に掘り下げる内容がよかったのかもしれない。視聴者も身内ウケするようなお笑いに、辟易していたのだろう。ただし、こんな厳しい声も上がっている。

「ライブ感が全くなかったですね。これを27時間連続でやる意味があるのか。最後の新人アナウンサーによる“提供読み”も収録だった。あれは生放送でやるから、ドキドキ感があってよかったのですが……。これでは、間違えたら読み直しもできるわけです。ただ、歴史が好きな年配の方には、意外に“需要”があったのかも。若い人が見る深夜帯の視聴率はボロボロでしょうが……」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る