• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数字回復もライブ感なし フジ27時間テレビに問われる意味

 意外にいい数字じゃないか――という声が漏れている。

 9、10日にフジテレビ系で放送された「FNS27時間テレビ にほんのれきし」のことだ。今回は初の9月放送で歴史がテーマ。ビートたけし(70)が総合司会を務め、ほぼ収録だったのだが、27時間を通しての平均視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を記録した。

 これは歴代最低に終わった昨年の7.7%を上回っていて、ジリ貧のフジテレビの現状を考えるとなかなかの数字である。お笑い芸人が総出演しバカ騒ぎしていた昨年までの内容とは一転して、日本の歴史を地味に掘り下げる内容がよかったのかもしれない。視聴者も身内ウケするようなお笑いに、辟易していたのだろう。ただし、こんな厳しい声も上がっている。

「ライブ感が全くなかったですね。これを27時間連続でやる意味があるのか。最後の新人アナウンサーによる“提供読み”も収録だった。あれは生放送でやるから、ドキドキ感があってよかったのですが……。これでは、間違えたら読み直しもできるわけです。ただ、歴史が好きな年配の方には、意外に“需要”があったのかも。若い人が見る深夜帯の視聴率はボロボロでしょうが……」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る