ジャニ伊野尾と時期重なり…フジ三上真奈アナに二股疑惑

公開日: 更新日:

 フジテレビの三上真奈アナ(28)と、ヤクルト小川泰弘投手(27)の熱愛が発覚した件。複数のスポーツ紙が14日付の紙面やネットで“同着”で報じた内容をまとめるとこうだ。

「ミカパン」と「ライアン」の愛称で知られる2人の出会いは、昨年3月の開幕前。フジ関係者を通じて知り合ったが、三上が学生時代からつばめファンだったこともあり、意気投合。妙齢の独身同士だけに恋の炎は一気に燃え上がり、翌4月から男女の仲になったという。交際期間はすでに1年4カ月。近影らしき2人のデート写真を掲載した媒体もある。結婚も視野に入れた真剣交際ともいわれており、フジテレビは肯定も否定もしておらず、このままゴールインする可能性も十分にある。

 そもそも、フジテレビとヤクルト球団は同じフジサンケイグループ。これまでも古田敦也&中井美穂、石井一久&木佐彩子と2組の夫婦が誕生したことからも分かるように、ヨロシクやっているようだ。実際、「フジの女子アナは神宮球場に足を運ぶことが多く、他局よりヤクルト選手との距離は近い。しかも、周囲はライアンと親しいミカパンの仲を前々から怪しんでいた」(球界関係者)という。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質