帰省したら咳が続いて…「夏のダニ」を侮ってはいけない

公開日: 更新日:

 夏休みに家族そろって田舎に帰ったり、これから海や山に出掛ける人も多いだろう。都会で暮らしていると、気にもしていなかったことが原因で、健康トラブルを起こすケースもある。夏は「ダニ」に気を付けたい。

 東京23区内に住むAさん(40)は、妻と4歳になる子供を連れて、お盆休みに老親が住む田舎に帰省した。2泊して帰京したが、実家で過ごしている最中から子供がせき込み始め、帰京してからも、せきが止まらなかった。

 病院に連れていくと、「ダニによるアレルギー疾患」と診断された。もともと気管支が弱いこともあったが、実家でダニを吸い込んで悪化したらしい。そういえば、老親が準備してくれていた来客用の布団は、ずっと押し入れにしまいっ放しにしていたものだった。その布団にダニが繁殖していたのだろう。

 医師によると珍しい話ではないそうで、〈あなたの実家に帰省するたびに子供の体調が悪くなる。できることなら行きたくない〉などと妻が言い出し、夫の実家との関係がギクシャクしてしまった夫婦もいるという。「ダニ病学~暮らしのなかのダニ問題~」などの著者で、ダニ相検査会社ペストマネジメントラボ代表の高岡正敏氏(医学博士)は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る