• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男性が噛まれ大ケガ…日本近海には100種類のサメがいる

映画「ジョーズ」の恐怖

 映画「ジョーズ」を思い出した人も多いだろう。

 愛知県豊橋市の海で、蒲郡市消防本部勤務の高橋剛さん(43)がサメに襲われた事故。浜辺から約30メートルの浅瀬でサーフィンをしているときに腕を噛まれ、30針を縫う大けがを負った。

「事故が起きたのは9日午後4時ごろ。(高橋さんは)同僚らと8人でサーフィンを楽しみ、1人で海にいるときに左上腕部をサメに噛まれました。幸い、厚さ3ミリのウエットスーツを着ていたので、肉を食いちぎられることはなく、数十秒でサメはいなくなりました。体長1メートルほどで、頭は人間の顔くらいの大きさだったそうです」(同消防本部総務課)

 愛知県では19年前、漁業の男性が渥美半島沖でサメに噛まれて死亡する事故が起きたが、豊橋市の海でのサメ騒ぎは初めてという。だが、専門家によると、日本の海はいつサメが出てもおかしくない状況だ。沖縄美ら島財団研究センター課長の佐藤圭一氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る