男性が噛まれ大ケガ…日本近海には100種類のサメがいる

公開日:  更新日:

映画「ジョーズ」の恐怖

 映画「ジョーズ」を思い出した人も多いだろう。

 愛知県豊橋市の海で、蒲郡市消防本部勤務の高橋剛さん(43)がサメに襲われた事故。浜辺から約30メートルの浅瀬でサーフィンをしているときに腕を噛まれ、30針を縫う大けがを負った。

「事故が起きたのは9日午後4時ごろ。(高橋さんは)同僚らと8人でサーフィンを楽しみ、1人で海にいるときに左上腕部をサメに噛まれました。幸い、厚さ3ミリのウエットスーツを着ていたので、肉を食いちぎられることはなく、数十秒でサメはいなくなりました。体長1メートルほどで、頭は人間の顔くらいの大きさだったそうです」(同消防本部総務課)

 愛知県では19年前、漁業の男性が渥美半島沖でサメに噛まれて死亡する事故が起きたが、豊橋市の海でのサメ騒ぎは初めてという。だが、専門家によると、日本の海はいつサメが出てもおかしくない状況だ。沖縄美ら島財団研究センター課長の佐藤圭一氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る