キンチョー宣伝部 社員が明かす「蚊取り線香」プチ裏ワザ

公開日:  更新日:

 正式な社名は大日本除虫菊株式会社。

「一般の方には登録商標の金鳥の方がおなじみ。キンチョーの大迫と呼んで下さい!」

 会うなり、こう言って宣伝部の大迫寛史さんがにっこり笑った。記者もキンチョーが社名だとずっと思い込んでいた。

 同社は、欧米でノミ取り用として栽培されていた除虫菊を輸入、栽培したのをきっかけに、明治23年、世界で初めて飛んでいる蚊を駆除する「蚊取り線香」を発明した。ただし、当初は棒状だったという。

「棒状だとすぐ折れるし、時間も40分くらいしか持ちませんでした。そこで考えたのが、渦巻き形にすること。これだと重ねて持ち運びできますし、時間も6時間と大幅にアップ。うどん状の原料を2本巻く“Wコイル”成形で大量生産も可能になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る