• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キンチョー宣伝部 社員が明かす「蚊取り線香」プチ裏ワザ

 正式な社名は大日本除虫菊株式会社。

「一般の方には登録商標の金鳥の方がおなじみ。キンチョーの大迫と呼んで下さい!」

 会うなり、こう言って宣伝部の大迫寛史さんがにっこり笑った。記者もキンチョーが社名だとずっと思い込んでいた。

 同社は、欧米でノミ取り用として栽培されていた除虫菊を輸入、栽培したのをきっかけに、明治23年、世界で初めて飛んでいる蚊を駆除する「蚊取り線香」を発明した。ただし、当初は棒状だったという。

「棒状だとすぐ折れるし、時間も40分くらいしか持ちませんでした。そこで考えたのが、渦巻き形にすること。これだと重ねて持ち運びできますし、時間も6時間と大幅にアップ。うどん状の原料を2本巻く“Wコイル”成形で大量生産も可能になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  9. 9

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る