「役立たず」「無能」と罵られても会社にしがみつくのが大正解

公開日: 更新日:

 山田氏の試算によれば、58歳で辞めてもトクするのは、月収40万円以上の次の仕事をスムーズに見つけられた場合のみだ。

 では2年後、今度は雇用延長せずに60歳で辞めてしまった場合。

 退職金2000万円は満額、さらに失業保険約100万円(150日分)を手に入れるが、国民健康保険は無収入でも毎年約3万5000円、さらに妻の国民年金も年間18万3000円、妻が60歳になるまで2年間払い続けなければならない。次の勤め先が決まらなければ、65歳まで退職金を食いつぶすことになる。

 一方、月収は半額(25万円)になったとしても65歳まで会社にしがみついた場合。厚生年金や健康保険の負担(5年で約230万円)は残るが、受取時の厚生年金は1年間で約8万5000円増えることが見込まれ、さらに61歳から受け取れる特別支給の老齢厚生年金は135万円と仮定すると、総報酬月額相当額と基本月額の合計額が28万円(支給停止調整開始額)を超えた部分はその半額が支給停止となるが、4年間の合計額は342万円になるなど、無職の場合と比較して、もろもろ合計で1500万円程度のプラスとなる。

 無職の人と働いている人を単純比較してもしょうがないが、ムカッ腹を立てて辞めると、後々これだけ差が出るということだ。

 こうなったら、いかに「アホ」「ボケ」「カス」と罵られようが、死ぬまで会社にしがみつくしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る