• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

定年後に資格でメシ食える? 国家公務員の独立開業顛末記

投稿日:  更新日:

「定年を迎えたら、手の届く資格でも取って気楽な余生を」――50を過ぎたサラリーマンなら、誰もが一度は夢見る生活だろう。
 しかし、現実がそんなに甘くないのも容易に想像がつく。今回は、黙っていれば人もうらやむ「天下り先」が保証されていた国家公務員の“たった一人の独立開業”顛末記を紹介する。

■現役時代に社会保険労務士、産業カウンセラーなどの資格を取得

「ずっと人事畑を歩いてきて世間との関わりが希薄だったものですから“自分は本当に世の中の役に立ってるのだろうか”そんなことをぼんやりと考え始めたのは54歳ぐらいのことでした」と言うのは、38年間、国土交通省に勤務し、一昨年定年で退官した山田信孝さん(61)。

「決して天下りを否定しているわけではありません。あれはあれで、組織も人材も生かせるいいシステムだと思っています。ただ私の場合は長年、超ピラミッド社会の中にいて第2の人生もそれでいいのか。“それよりは自分のやりたいことをやってみよう”と決意したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る