9割が晴天の霹靂…どう乗り越えるか「役職定年ショック」

公開日: 更新日:

 管理職なら、いつか必ずやってくる役職定年。残りのサラリーマン人生を充実させられるかは、あなたの心構え次第だ。

「私の業績や仕事ぶりに何か問題でもあるのでしょうか」

 人事部から役職定年を告げられた管理職が最も多く口にするのがこのセリフだ。

 会社は役職定年に該当するベテラン社員に対し、実施年齢から前倒しして通告するが、それでもほとんどの50代社員はこう返してくる。言われる側にいかに当事者意識がないかが分かる。

「通告されると、ほとんどがショックを受けるようです。〈まだやれる〉〈ひょっとして俺だけは出世ラインに残れるかも……〉と、50代管理職はどこかプライドを捨て切れず、マインドチェンジができないからです。早くから役職定年後のことを考えているのは1割程度ではないでしょうか」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る