9割が晴天の霹靂…どう乗り越えるか「役職定年ショック」

公開日: 更新日:

 管理職なら、いつか必ずやってくる役職定年。残りのサラリーマン人生を充実させられるかは、あなたの心構え次第だ。

「私の業績や仕事ぶりに何か問題でもあるのでしょうか」

 人事部から役職定年を告げられた管理職が最も多く口にするのがこのセリフだ。

 会社は役職定年に該当するベテラン社員に対し、実施年齢から前倒しして通告するが、それでもほとんどの50代社員はこう返してくる。言われる側にいかに当事者意識がないかが分かる。

「通告されると、ほとんどがショックを受けるようです。〈まだやれる〉〈ひょっとして俺だけは出世ラインに残れるかも……〉と、50代管理職はどこかプライドを捨て切れず、マインドチェンジができないからです。早くから役職定年後のことを考えているのは1割程度ではないでしょうか」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る