元職場近くの飲み屋へ…深刻な「定年トワイライト中毒」

公開日:  更新日:

 だれが呼んだか「トワイライト中毒」。夕闇迫る街にネオンがともるころ、一杯やりたくて居ても立ってもいられなくなる。今夜は、会社のそばの魚のウマイ居酒屋にしようか、久しぶりにひと駅先のおでん屋も悪くないな……。こんなやからが、どこの職場にも数人はいるだろう。

 これが現役時代の話なら、笑い話で済む。だが、会社を定年退職した引退組が、なぜか元の職場近くの飲み屋に毎週のように顔を出す“定年トワイライト中毒”となると、ちょっと深刻と言わざるをえない。

 新橋の居酒屋の店主が言う。
「何人か、いらっしゃいますよ。定年後も通ってくれるお客さんがね。大企業にいた人がほとんど。OB同士、2、3人で待ち合わせる人も。こんなご時世だし、ありがたい限りですよ」

 酒を飲むだけなら、自宅周辺で飲むこともできる。最寄り駅の近くに居酒屋の一軒や二軒はあるだろう。好きな肴でチビチビ家飲みするのも悪くはない。わざわざ電車に乗って時間をかけ、元の職場近くに出向く必要はあるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る