元職場近くの飲み屋へ…深刻な「定年トワイライト中毒」

公開日: 更新日:

 だれが呼んだか「トワイライト中毒」。夕闇迫る街にネオンがともるころ、一杯やりたくて居ても立ってもいられなくなる。今夜は、会社のそばの魚のウマイ居酒屋にしようか、久しぶりにひと駅先のおでん屋も悪くないな……。こんなやからが、どこの職場にも数人はいるだろう。

 これが現役時代の話なら、笑い話で済む。だが、会社を定年退職した引退組が、なぜか元の職場近くの飲み屋に毎週のように顔を出す“定年トワイライト中毒”となると、ちょっと深刻と言わざるをえない。

 新橋の居酒屋の店主が言う。
「何人か、いらっしゃいますよ。定年後も通ってくれるお客さんがね。大企業にいた人がほとんど。OB同士、2、3人で待ち合わせる人も。こんなご時世だし、ありがたい限りですよ」

 酒を飲むだけなら、自宅周辺で飲むこともできる。最寄り駅の近くに居酒屋の一軒や二軒はあるだろう。好きな肴でチビチビ家飲みするのも悪くはない。わざわざ電車に乗って時間をかけ、元の職場近くに出向く必要はあるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

  10. 10

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

もっと見る