元職場近くの飲み屋へ…深刻な「定年トワイライト中毒」

公開日: 更新日:

 だれが呼んだか「トワイライト中毒」。夕闇迫る街にネオンがともるころ、一杯やりたくて居ても立ってもいられなくなる。今夜は、会社のそばの魚のウマイ居酒屋にしようか、久しぶりにひと駅先のおでん屋も悪くないな……。こんなやからが、どこの職場にも数人はいるだろう。

 これが現役時代の話なら、笑い話で済む。だが、会社を定年退職した引退組が、なぜか元の職場近くの飲み屋に毎週のように顔を出す“定年トワイライト中毒”となると、ちょっと深刻と言わざるをえない。

 新橋の居酒屋の店主が言う。
「何人か、いらっしゃいますよ。定年後も通ってくれるお客さんがね。大企業にいた人がほとんど。OB同士、2、3人で待ち合わせる人も。こんなご時世だし、ありがたい限りですよ」

 酒を飲むだけなら、自宅周辺で飲むこともできる。最寄り駅の近くに居酒屋の一軒や二軒はあるだろう。好きな肴でチビチビ家飲みするのも悪くはない。わざわざ電車に乗って時間をかけ、元の職場近くに出向く必要はあるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る