• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

印象バッチリ、アピール効果絶大「2枚目名刺」の作り方

「2枚目名刺」を持つサラリーマンが増えている。本業とは別の趣味や資格を明記した名刺を作製することで、「仕事の幅が広がった」「飲み会でモテた」なんて声も上がっている。特にビジネスの場というより、起業や趣味の交流会などでの初対面の名刺交換で効果を発揮している。

「24人に1人 渡すだけで仕事が取れる『絶対受注名刺』」(ハギジン出版)の著者の福田剛大氏が言う。

「起業や趣味の交流の場では、会社の名刺では『会社名』や『肩書』で判断されがちで、パーソナルな部分は伝わらない。むしろ、趣味なら趣味に特化した名刺の方が相手に与える印象が強いし、話も弾みます。例えばラーメン好きなら、『ラーメン評論家』と名乗ってください。裏面に『何杯食べたか』『マイベストラーメン』なども入れる。初対面で、長い自己アピールは敬遠する人もいますから、名刺に入れるのは効果的なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る