• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名刺交換の印象がグンと変化 “美オヤジ”になる七つ道具

 美容やファッションなど身だしなみにこだわる40、50代が増えている。“美オヤジ”と呼ぶそうだ。エステやネイルサロンは当たり前。“まつげエクステ”にハマる人もいる。そこまでしなくても、フツーのお父さんだって身だしなみは気になるところ。手軽に始められるグッズを探してみると――。

■ツメも眉毛も手入れ

「コスメの世界では、男性と女性の垣根がどんどん低くなってきています。これまでは女性しかやってこなかった肌や爪、眉毛やまつげのお手入れが、いまや男性の間でも常識ですからね」

 こう言うのは「渋谷ロフト」健康雑貨チーフの五嶋明人さん。同店2階のメンズコスメ売り場には、若者だけでなく40、50代のいわゆる“美オヤジ”が足を運ぶ。
「女性向けとして売れていた商品を、パッケージだけ変えて男性向けに売り出すケースが増えています。例えばこの『ネイルブロック・バッファ』(609円)などがそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る