名刺交換の印象がグンと変化 “美オヤジ”になる七つ道具

公開日: 更新日:

 美容やファッションなど身だしなみにこだわる40、50代が増えている。“美オヤジ”と呼ぶそうだ。エステやネイルサロンは当たり前。“まつげエクステ”にハマる人もいる。そこまでしなくても、フツーのお父さんだって身だしなみは気になるところ。手軽に始められるグッズを探してみると――。

■ツメも眉毛も手入れ

「コスメの世界では、男性と女性の垣根がどんどん低くなってきています。これまでは女性しかやってこなかった肌や爪、眉毛やまつげのお手入れが、いまや男性の間でも常識ですからね」

 こう言うのは「渋谷ロフト」健康雑貨チーフの五嶋明人さん。同店2階のメンズコスメ売り場には、若者だけでなく40、50代のいわゆる“美オヤジ”が足を運ぶ。
「女性向けとして売れていた商品を、パッケージだけ変えて男性向けに売り出すケースが増えています。例えばこの『ネイルブロック・バッファ』(609円)などがそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る