名刺交換の印象がグンと変化 “美オヤジ”になる七つ道具

公開日: 更新日:

 美容やファッションなど身だしなみにこだわる40、50代が増えている。“美オヤジ”と呼ぶそうだ。エステやネイルサロンは当たり前。“まつげエクステ”にハマる人もいる。そこまでしなくても、フツーのお父さんだって身だしなみは気になるところ。手軽に始められるグッズを探してみると――。

■ツメも眉毛も手入れ

「コスメの世界では、男性と女性の垣根がどんどん低くなってきています。これまでは女性しかやってこなかった肌や爪、眉毛やまつげのお手入れが、いまや男性の間でも常識ですからね」

 こう言うのは「渋谷ロフト」健康雑貨チーフの五嶋明人さん。同店2階のメンズコスメ売り場には、若者だけでなく40、50代のいわゆる“美オヤジ”が足を運ぶ。
「女性向けとして売れていた商品を、パッケージだけ変えて男性向けに売り出すケースが増えています。例えばこの『ネイルブロック・バッファ』(609円)などがそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  3. 3

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る